記録

3Dプリンターの未来。

この記事を昨日ツイートしたのだけど、この心臓は自ら鼓動することはないそうだ。だけど、そこにはかなり可能性を感じます。そのうち、心臓は置き換えることの出来る臓器になりそうだなと感じました。自分が予想するにそれはあと10年か20年の間に起こりうる未来だなと感じます。3Dのプリンターの登場は1980年、ここ最近になって3Dの価格が下がり、精密な加工も出来るようになってきている。それが2014年頃、それから6年ぐらいの間で臓器の形が作れるようになった。あと10、20年もすれば間違いなくブレイクスルーは起きると考えてよいのではないかと。

簡単には死なない未来が近づいてきてますね。

活動支援よろしくお願いします

Yahoo japanサイトのコロナ情報リンク集です。好評に付きVer2。前のページ

ITエンジニアという生き方とか語りだした。次のページ

関連記事

  1. 記録

    プログラムって結構消費する。

    プログラムって結構消費する。ずぅ?????っとパソコンの前、ゴトゴ…

  2. 記録

    自動車税がタックス(tax)め!!

    自動車税の用紙が届いた・・・・。高い・・・。PS4が軽く買えちゃ…

  3. 記録

    MySQL知っている人にはとっては常識的なことだけど初心者は知らないこと。

    MySQL知っている人にはとっては常識的なことだけど初心者は知らない…

  4. 記録

    GCPを辞めました。また合う日まで・・・。

    GCPを辞めました。理由は金銭的なことです、3日で1000円ぐらい…

  5. 記録

    繋がり。

    繋がり結び。寄り集まって形を作り、捻れて絡まって、時には戻って、…

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

PAGE TOP