記録

映画、記者たち 衝撃と畏怖(いふ)の真実を観ました。

畏怖(いふ)とは恐れおののくことを指す。
映画、『記者たち 衝撃と畏怖(いふ)の真実』がプライムで無料で観れるようになっていたので、今頃、視聴しました。メディアはやはり真実を取り扱わないとやばいなと思いました。これは今見るべき映画なのかもなと…。アメリカでも日本でもそうだけど、この頃のメディアは政権よりの報道が多い。真実を知ることは大切だと映画を通して感じました。SNSが普及して、どこからがフェイクニュースかなどがわからなくなり、どの情報源が正しいのかが素人では判断できなくなってきているように思います。


民衆はメディアに結構騙されている。あのファクトフルネスにも書かれているように結構、常識的に思い込んでいることでも本当は違うことが結構あるだなと思います、それが科学や医学、病気などにも言えるじゃないかな。なのでメディアは真実を伝えること、真実をアップグレードすることが大事なことだと感じます。

関連記事

  1. 記録

    理解している人は話が分かりやすい。

    昨日、じぶんがTensorflowをつかってやったのは…

  2. 記録

    映画、湯を沸かすほどの熱い愛。自分にとってピシャリっと合った作品。

    映画、湯を沸かすほどの熱い愛。自分にとってピシャリっと合った作品。…

  3. 記録

    広告収入で暮らせれば夢!?

    広告収入で暮らす事ができれば。これに真剣に挑んでいるひとはどれ…

  4. 記録

    世間体とか置いといてさ。

    自分はNHKの『プロフェッショナル仕事の流儀』が好きなんで録画…

  5. 記録

    地方創生ってどうなってるの?

    地方創生ってどうなってるの?大阪から高知へ帰るときに「高知県って何…

  6. 記録

    ひとり暮らし。

    正直なところ、本当の一人暮らしはしたことがない。東京で仕事をしてい…

PAGE TOP