記録

映画、三度目の●人を観てきました。


映画、三度目の●人を観てきました。
この映画は最後の最後まで真実か嘘なのかという事を
考える映画でした。やはり人が人を裁くのは限界があるなと言う
のが、映画を通して思えた感想ですね。人の一生がこんな理不尽に決められるというのは
非常に何とも言えない感情をいだきました。
この映画を観て人の心とは何なんだろうか?と考えてみました。
映画の後半、「器」という言葉を弁護士役の福山雅治 氏が加害者役の役所広司 氏に
投げかける所があるのだけど、それが答えであり答えではないように思えたのです。
自分の言葉で言えば「空」であり「空」でないと言えばよいのか・・・。
最後にこの映画、おすすめ度は高いです。
ヴェネチア国際映画祭でスタンディングオベーション(Standing ovation)だったらしいですが
映画を観るとその意味がよくわかります。重い映画ですが観る価値は十分ある
大人な映画なのかもしれません。

 



魂の叫びのような歌を歌う人。前のページ

多分、こうなる未来予想図。次のページ

関連記事

  1. 記録

    常識を数字にすると、えっ日本。

    日本の人口分布をグラフ化すると、やっぱ東京に日本は一極集中にな…

  2. 記録

    [ #映画 ]深夜食堂を観て思ったこととかネタバレ無し(´Д`)b

    [映画]深夜食堂を観て思ったこととかネタバレ無しで書きます。いろいろ…

  3. 記録

    映画の損切りはしない。

    映画の損切りはしない。余程、倫理的に駄目だという映画以外は自分は映…

  4. 記録

    2016年見に行く映画はこれ。No1

    「人生の約束」っていう映画、なんだかこの映画を見ているとライブドア…

  5. 記録

    悟空を題材したゲームが凄いリアル。

    悟空(Black Myth: WuKong)を題材したゲームが…

PAGE TOP