記録

リクルートの人工知能api(a3rt)で自動記事生成の作り方。


AIさえグッと身近に。文章予測AIのAPIでブログを書いてみた。」の記事を読んでLIGさんは
ruby言語で書いている、だったら自分はPHPで同じことをやってみようと
思いたち、PHPでリクルートのAPIを使用して自動記事生成するものを作ってみた。
結果:案外簡単にできてしまったけれど、返ってくる文章予測は
全然、文章としてはハチャメチャなので今のところは
こんなの出来ましたよぐらいですね。
実際、ハチャメチャな文章ですけどAIのプログラムは精度高いと思いますよ。
サンプルサイトとソースを掲載します。
https://www.zip358.com/tool/aigengo/
),
);
$data = http_build_query($data);
$url = “https://api.a3rt.recruit-tech.co.jp/text_suggest/v1/predict”;
$obj = file_get_contents($url.”?”.$data);
header(‘Content-Type: application/json’);
print($obj);

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge,chrome=1">
    <title>続きは自動生成でAI</title>
    <meta name="viewport" content="user-scalable=no,initial-scale = 1.0,maximum-scale = 1.0">
    <script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.1/jquery.min.js"></script>
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../topcoat/main/fonts/stylesheet.css">
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../topcoat/css/topcoat-desktop-dark.css">
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../topcoat/main/css/main.css">
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../topcoat/main/css/brackets.css"><!--[if lt IE 9]>
    <script src="//html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js"></script><![endif]-->
    <script>
$(function () {
    $('#btn').click(function () {
        $.ajax({
            url: 'aibot_text.php',
            type: 'post',
            dataType: 'json',
            data: {
                style:$('#ai_style').val(),
                separation:$('#ai_separation').val(),
                text: $('#text').val()
            }
        })
        .done(function (obj) {
            console.log(obj);
            var str ="";
            for(var i=0;i<obj.suggestion.length;i++){
                str+= obj.suggestion[i]+"<br>";
            }
            $('#kaiwa').html("<br>ひゅうまん語:" + $('#text').val() + "<br>>><br>つづきはAI語:" + str + "<br>");
            $('#text').val("");
        })
        .fail(function (obj) {
            $('#kaiwa').val('失敗');
        });
    });
});
    </script>
<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
  ga('create', 'UA-71682075-1', 'auto');
  ga('send', 'pageview');
</script>
  </head>
  <body class="dark">
      <div id="wrapper">
          <section class="component">
                <h1>リクルートトークンAIで</h1>
                <div>会話の続きを自動生成してみよう。</div>
                <p>
                    文を生成するための入力文を指定:
                    <select id="ai_style">
                        <option value="0">現代文</option>
                        <option value="1">和歌</option>
                        <option value="2">プログラミング言語(Go) </option>
                    </select>
                </p>
                <p>
                    生成する文の長さを指定:
                    <select id="ai_separation">
                        <option value="0">単語</option>
                        <option value="1">フレーズ</option>
                        <option value="2">センテンス </option>
                    </select>
                </p>
                <textarea class="topcoat-textarea" id="text"rows="6" cols="36" placeholder="日本語を入力してください。"></textarea><br>
                <button class="topcoat-button--large--cta" id="btn">Button</button><br>
                <div id="kaiwa"></div>
            </section>
      </div>
  </body>
</html>

 
 
 

猫でもできるjsでゴリゴリ前のページ

本質を見抜けるかということ。次のページ

関連記事

  1. 記録

    大量アクセス元&高知&鳥羽&専門校

    大量アクセス元&高知&鳥羽&amp;専門&amp;端末。Not …

  2. 記録

    神童とIBM

    頭が良いと言われているひとは世界で数%しかいないと前から言って…

  3. 記録

    何倍かの勉強をしているひと。

    ある人が土日、とある場所で毎週のように勉強しているのを自分は知ってい…

  4. 記録

    専門書のすゝめ{読み放題サービスで!}

    アマゾンで専門書の読み放題サービスが始まりました。このサービスは、…

  5. 記録

    得しないこと。

    FBとTwitterやブログを結びつけても著名人でもない限りマイナ…

PAGE TOP