記録

VisualStudioC++で昔のような開発環境を整えるには。


VisualStudioC++で昔のような開発環境を整えるには
オンライン、拡張機能からC++WindowsFormsをダウンロードします。
次にプロジェクト作成時に、オンライン、テンプレートを選択し
先程、インストールしたC++WindowsFormsを選択することで
開発環境のベースが簡単に出来上がります。
あとはゴリゴリコードを書くことにより
アプリが出来ます。
Windows7やWindows Vistaなどで動作するものを
作るとなるとVC++2015の場合、Win32で作成するか
上記のようなCLRで作成するか、はたまたDirectXで開発する
などになると思います・・・。
旧のOSを使っている場合はやはりWin32がベストなんでしょうけど
自分は未だかつて、Win32で開発などをした事がありません。
Win32で開発しているところはあまり今は見かけないような気がします。
WindowsFormsを使用して開発をしている所が主だと、VC++の
利点はC++などが使用可能だということです。
テキストで開発できて後からすべてを組み合わせることが
可能なんですね・・・。下っ端はC++で開発させられてVC++に
触らせてくれないという所もあるかもしれません(経費削減のため)。

 

活動支援よろしくお願いします

神田スクールの講義が何やら優しくJAVAを教えてくれる。前のページ

画面キャプチャの最終形態です、もう限界。次のページ

関連記事

  1. 記録

    そろそろ失効する。

    ほぼ毎週のように映画を観行くということをここ数年続けています…

  2. 記録

    ダイエットの路線変更を。

    毎日毎日のように1時間ウォーキングしても5kgしか減らなかった…

  3. 記録

    phpばっかり触っていた人がPython触ってみて!?

    phpばっかり触っていた人がPython触って実際コードを書いて…

  4. 記録

    HDD1テラバイトへ移行しWINDOWS10へアップデート

    Windows10へアップデートを行いました。ネット上…

PAGE TOP