記録

PHPとVS2015をJSONで連携する。第二弾


VB2015側

Imports System.Net
Public Class Form1
    Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click
        Dim sTargetUrl As String = "http://zip358.com/tool/2015-12-01-smp/index.php"
        Dim objWeb As WebClient = New WebClient()
        Dim bResult As Byte() = objWeb.DownloadData(sTargetUrl)
        Dim sJson As String = System.Text.Encoding.UTF8.GetString(bResult)
        Dim json_obj As Object = JsonConvert.DeserializeObject(sJson)
        RichTextBox1.Text = json_obj("1")("id") & json_obj("1")("name")
    End Sub
End Class

PHP側

<?php
$hoge = array();
$a = 'jsonキタ━(゚∀゚)━!name';
for ($i = 1; $i < 100; $i++)$hoge[$i] = array("id"=>$i,"name"=>$a);
//echo $hoge[$i]["name"];}
header('Content-type: application/json;charset=UTF-8');
echo json_encode($hoge, JSON_UNESCAPED_UNICODE);

以前、PHPとVS2015をJSONで連携する。という記事を
掲載したと思いますが、第二弾として、配列化して取得する方法を
記載したいと思います。
今回使う吐き出し側は以前と変わっていませんが
取り出し側が以前と少し変わってStringで返ってきたjsonデータを
デシリアライズしてから、Objectに流し込んでます。
下記のような結果が得られます。(画像参照)

アプリ開発するかもしんない。前のページ

基本情報処理試験の結果。次のページ

関連記事

  1. 記録

    俳優がCG化される時代に突入。

    あと10年後には誰かがデジタル俳優だけで映画を作ることをするだ…

  2. 記録

    【#映画 #きっと星 】きっと、星のせいじゃない。観に行ってきました。

    きっと、星のせいじゃない。っていう映画を観に行ってきました。結論から…

  3. 記録

    欲しい物リスト。

    マックブックプロ(MacBook Pro)です、アプリ開…

  4. 記録

    猫でもできるjsでゴリゴリ

    有言実行ということで、ゴリゴリJSのサンプル書いてみました。と言っ…

  5. 記録

    高知県の大卒初任給の平均が低い県外へ若者が行く理由がわかる。

    高知県の大卒初任給の平均が低い!!県外へ若者が流れる理由がわかる。…

  6. 記録

    HDDからSSDへシフトしたった(´Д`)そうなんです。へぇ他人事。

    HDDからSSDへ全てのデータをシフトしました。いままでCドライブ以…

PAGE TOP