記録

次の一手を惜しみなく話すのが。


次の一手を惜しみなく話すのが一流で
次の一手を話さないのが二流。
もっと言うと次の一手のその先を考えているのが一流で
次の一手しか考えていないのが二流なのかな。
最近、いろいろな記事を読んでいて
一流は次の一手を結構惜しみなく話している。
将棋などでは次の一手を相手に話すことは
殆ど無いと思いますが、その他の業界・・・。
例えばIT業界などは次の一手を惜しみなく話している。
話すことによって流れを作るという事もあるだろうけど
実際、話した所でそのレベルについて行ける人が
殆どいないのが現状だと思います。
[技術格差]
この頃、思うのはIT技術者の技術格差が
起こり始めている。例えば、人工知能の開発を
行なっている技術はA級だとすると
その人工知能の開発用ツールを使って
開発をする人達はB級、そのまた下に
APIサービスを使って開発する技術が
B級ないしC級だという位置づけ。
今後、15年もすればC級技術者は
IT業界からお払い箱になる可能性が高く
B級技術者だといえども安泰だとはいえないのでは
無いだろうか。なぜ、そう言えるのか。
自分が思うに人工知能がコーディングする
ような時代がおそらく到来すると思っています。
人工知能(AI)がコーディングすることが
可能かどうかで言えば可能なのでは?
そうなってしまえばB級ないしC級の技術者は
職を失ってしまう可能性だってありえると思います。
そろそろ、IT技術者は次の一手を
考えておかないといけないのかも、知れないなと
ヒシヒシと感じます。
※あまり真に受けられても困り者ですが(゚Д゚)でも
無いとは言い難いかなと(´Д`)

活動支援よろしくお願いします

ハンターハンターはやっぱ見てしまってる。前のページ

何を考えているのか分からない人々。私?俺?自分?ですか?次のページ

関連記事

  1. 記録

    PHPとVS2015をJSONで連携する。第二弾

    VB2015側Imports System.NetPublic …

  2. 記録

    精神疾患は公に公表すべきか?するべきではないか?

    先日、統合失調症の記事で新たな発見がありました。これにより研究が進む…

  3. 記録

    言うは易し行うは難しだなと思います。

    朝起きて明日、明後日の記事を書き留めています。今日の夜は会社の飲み…

  4. 記録

    映画、猿の惑星:聖戦記を観てきましたよ。

    映画、猿の惑星:聖戦記を観てきましたよ。おそらく三部作のラストであ…

PAGE TOP