記録

( #PHPサンプル )非同期通信のPHPサンプルコードを作ってみましたのでどうぞ。


非同期通信で入力した文字をURLエンコード して返す、コードを書いてみましたのでどうぞ。お使いください。ただし、この処理には欠陥があって処理に負荷がかかると上手く結果を返してくれない恐れがあります。非同期処理なので処理するプログラムにばんばんと値を投げますが、返答を待たずに次の処理を投げるので、どの処理が最初に返ってくるのかは、わからないのです。一見、うまく動いてそうですけどただ、処理に負荷がかかっていないのでうまく処理された状態になっているだけです。なので、非同期処理を使う場合は、投げる値にID(順番)を付与して処理しないといけないです。
トイウコトデ、サンプルコードを置いときますのでお使いください。(デモサイトこちら
https://www.zip358.com/tool/sample-0301.zip(DL)
ソースは下記参照
HTML側(JQuery側)のソース=処理を投げる側=処理された結果を出力する側。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>zip358.com:sample-非同期</title>
<script src="//code.jquery.com/jquery-1.11.2.min.js"></script>
<script src="//code.jquery.com/jquery-migrate-1.2.1.min.js"></script>
<script>
$(function(){
   $("#textarea-hoge").keyup(function() {
      $.ajax({
         type: "POST",
         url: "sample-0301.php",
         dataType:'html',
         data: {
              "hoge" : $("#textarea-hoge").val(),
         },
         success: function(data) {
            $("#hoge2").text(data);
         },
         error:function(data) {
         }
      });
   });
});
</script>
</head>
<body>
		<br><br>文字をURLエンコード処理して返します。何か入力してください。<br>※非同期通信なので性格に処理してくれるわけではありません。<br><br>
        <textarea id="textarea-hoge" rows="10" cols="100"></textarea>
		<br>
		<div id="hoge2"></div>
</body>
</html>

PHP側のソース=処理する側。

<?php
$hoge = $_POST['hoge'];
echo "urlエンコードされた文字::".urlencode($hoge)."通常文字::".$hoge;
?>



なぜ、間違ったサンプルコードがネットでは散らばっているのか?前のページ

#映画レビュー #「くちびるに歌を」を観てきましたので感想なんかを。次のページ

関連記事

  1. 記録

    イラストレーターを導入して2日目。

    イラストレーターを導入して2日目。仕事でもないので結構楽しく学んで…

  2. 記録

    親同伴。バケモノの子。時代の流れ。

    現代社会の変容とともに、家族観も変化するものは必然です。旧来の伝統…

  3. 記録

    あの人のところにはいつも人が集まる理由は!?

    あの人のところにはいつも人が集まる理由は!?おそらくこれだけ、親し…

  4. 記録

    金文書体を購入する前に

    金文書体を購入する前に、フリーでフォントがないのかぐぐってみたらこの…

  5. 記録

    XXXXPICKSを有料会員から無料会員にした訳。

    サブスクリプションを見直すにあたって先日、ニューズピックスを有料会員…

  6. 記録

    スカイプを多重起動して複数のアカウントを使用する方法まとめ。

    スカイプを多重起動して複数のアカウントを使用する方法が記載していたの…

PAGE TOP